顎関節症の治療

トップ > 治療案内 > 顎関節症の治療

顎関節症とは

●口を開けるとあごが痛む
●あくびをしたり口を開くとカクカク音がする
●口が開けづらい

などの症状でお悩みの方は顎関節症かもしれません。
噛み合わせや歯並びの他に、頬づえなどの悪習慣、ストレス、様々な事が 原因で引き起こる
可能性があります。しかし、これらの症状は他の疾患に よる場合もあるので、慎重に判断
しないといけません。顎関節症による場合は、 顎運動(開閉口運動や咀嚼運動)によって症状が
強くなるということが重要な チェックポイントです。

顎関節症の治療法

顎関節症のタイプや症状の程度に応じて様々な治療法があります。

●一般・補綴的療法

スプリント療法(透明な樹脂製の口腔内装置)や、咬み合わせの調整

●外科的療法

ダメージを受けた関節円板の除去術、ファイバースコープを用いて関節腔を洗浄する方法

●薬物療法

痛みをなくす目的で消炎鎮痛剤を投与

●理学療法

温熱療法、寒冷療法、電気療法、レーザー光線療法、マッサージ、運動療法など

もし顎に違和感、痛みがある方は早めにご相談をしてください。