インプラント

トップ > 治療案内 > インプラント

治療はどのようにしておこなわれるか

人工歯根(インプラント)とは、歯の抜けた部分に歯の根と同じような金属(チタン)製の
根を植え込み、 しっかりとした土台をつくり、その上に固定式の歯をとりつける全く新しい
治療法です。 インプラントが完全に骨組織と結合するためには、それを顎骨の中に
3ヵ月から6ヵ月のあいだ埋め込んで おくことが必要です。外科的処置は、一回法、
二回法に分けられますが二回法について段階を説明しましょう。

【第1段階】

まず、インプラントを顎骨に埋め込みます。局部麻酔を使用しますので痛みがありませんし、
副作用もありません。 手術した後の組織が治癒するまでの最初の2週間のあいだは、義歯を
使用することはできません。 この期間が過ぎてから第2段階までのあいだは、特別に
改造された義歯を使用します。

【第2段階】

簡単な外科手術により、インプラントと上部の連結装置を接続します。これが治癒するまでの
あいだは、 顎骨内の固定装置(フィクスチャー)には保護用キャップを用いますので、通常の
義歯を使用することができます。

【第3段階】

3ヵ月から6ヵ月たって治癒が確認されると、その人に合った上部構造を制作し、取り付けます。
上部構造には、固定式のものと取り外し可能なものと2種類あります。取りつけが終わった
あとは、 口腔内の清掃状態の検査と、歯の噛み合わせと機能をチェックするための検査が、
定期的におこなわれます。